モバイル楽天Edyを無料で入手する裏ワザ教えます!

モバイル楽天Edyの割引・キャペーン・プレゼント情報

モバイル楽天Edy

“モバイル楽天Edy”とは、楽天グループのプリペイド型電子マネーで、おサイフケータイに対応したスマートフォンやガラケーで利用できます。
入会審査もなく、簡単に誰でも利用でき、コンビニやスーパーで専用端末にEdyカード・おサイフケータイをタッチするだけで、「シャリ〜ン♪」と支払いが完了します。
さらに、楽天Edyを利用して支払いをする毎にマイルやポイントが貯まりとってもお得です。
おサイフケータイのイメージ
おサイフケータイの目印はコレ
(携帯電話に左のマークがついていれば利用可能)
利用した加盟店やサイトには個人情報(住所・氏名・電話番号・クレジットカード番号等)は一切漏れることはありませんので、安心・安全に利用できます。
あの「シャリ〜ン♪」はぜひ一度やってみたいものです。
楽天Edyは、コンビニなど一部の加盟店店頭レジやクレジットカード、銀行口座などからチャージ(入金)できるだけでなく、auかんたん決済や、Edyチャージャー(現金入金機)を利用したチャージ方法と多種用意されています。
オートチャージ設定という、楽天Edy残高が設定額以下になったら、自動的にクレジットカードからチャージされる手間が省ける便利な機能もあります。
注意:コンビニのファミリーマート店頭で見かけるプリペイドカード「楽天ポイントギフトカード」とお間違いのないように!
このプリペイドカードは「楽天市場」「楽天ブックス」「楽天オークション」などの楽天グループの各種サービスにおいて、利用できるプリペイドカードです。
3,000円、5,000円、1万円の3種類があり、ファミリーマート店内の「POSAカード」売り場にて「楽天ポイントカード」を購入し、レジで代金を支払った後、専用Webページからカード裏面のPIN番号入力で「楽天スーパーポイント」が取得できるというものです。

モバイル楽天Edyを無料で入手する裏ワザ

こちらのカテゴリーではそんなとっても便利で使い勝手の良い楽天Edyのキャンペーンやプレゼントのお得情報をいち早くご紹介していきますが、今回はさらに、“モバイル楽天Edyを無料で入手する裏ワザ”も合わせてご紹介します。
この裏技はグレーな部分は一切なく、合法的でとっても効率の良い方法です。
スマートフォンやPCを利用している人ならご存知の方も少なくないと思いますが“ポイントサイト”使った方法になります。
最近、テレビや雑誌の特集で見かけることが多くなりました。
随分前から既に取り組んでいる人の中には、この方法で月収数十万を稼いでいる強者もいらっしゃるようです。
管理人自身もスマホゲームの有料アイテムは全てこの裏技で手に入れています。ゲーム課金は自分のお小遣いを使っていたら「どんだけー」使うんだと課金蟻地獄に陥ってしまいます。
楽天Edy以外にもiTunesカードやVプリカ、WebMoney・Tポイント・Amazonギフト券・現金などがタダでもらえます。
“LINEプリペイドカードを無料で入手する裏ワザ”で詳細な手順がご覧になれますが、取り組むことは三つだけです。
楽天EdyはLINEウェブストアでも利用できますので、LINEラインユーザーなら絶対手に入れておきたい必須アイテムですね。

モバイル楽天Edyを無料で入手する裏ワザ”

1.ポイントサイト登録

2.ポイントを貯める

3.ポイントを換金

モバイル楽天Edyの購入(チャージ)方法

コンビニレジでチャージする方法

楽天Edyが使えるコンビニなど、一部の楽天Edy加盟店ではレジにて現金でチャージできます。タッフに「楽天Edyをチャージ」と伝えます。
チャージ限度額は一度に付き、25,000円までとなります。また、1枚(台)のカード・おサイフケータイのチャージ限度額は50,000円です。
下記コンビニ等でチャージ可能です。
サークルK・サンクス
スリーエフ
セイコーマート
セブン-イレブン
ファミリーマート
ポプラ(ポプラグループ含む)
デイリーヤマザキ
ミニストップ
ローソン
WonderGOO

楽天会員IDでチャージする方法

楽天に登録済みの「お買い物で通常使うカード」でEdyがチャージできます。
Android版・ iPhone版・ケータイ版楽天Edyアプリのインストールを行い、初期設定を済ませて、アプリ起動後に必要事項を入力していきます。

auかんたん決済でチャージする方法

auのキャリア決済(auかんたん決済)を使って、チャージができます。
携帯電話料金、auひかりなどの固定通信サービス契約のお支払いを、口座振替またはauじぶんcardセゾン、セゾンカード(AMEXブランド付カードを除く)、楽天カード、KCカードでしている人のみが対象となります。

Edyチャージャー(現金入金機)でする方法

楽天Edyが使えるお店(スーパーが多いようです)の入り口などに設置されているEdyチャージャー(現金入金機)で現金でチャージできます。
チャージ限度額は一度に付き、25,000円までとなります。また、1枚(台)のカード・おサイフケータイのチャージ限度額は50,000円です。
お釣りはでてきません。また、チャージ完了後の取消もできません。

クレジットカードでチャージする方法

サービス登録時にクレジットカード情報を登録しておくと、登録クレカからチャージできます。
楽天に登録済みの「お買い物で通常使うカード」も利用可能です。
Android版・ iPhone版・ケータイ版楽天Edyアプリのインストールを行い、初期設定を済ませて、アプリ起動後に必要事項を入力していきます。

銀行口座でチャージする方法

あらかじめ金融機関に口座振替の申込みをすることで、金融機関の預金口座から自動引落でチャージできます。
楽天Edyオンラインを使って、楽天銀行口座からのチャージが一番スムーズです。
現在の対象金融機関は楽天銀行、三井住友銀行、みずほ銀行ですが順次拡大中です。

銀行アプリでチャージする方法

各金融機関のアプリ(ケータイ)を使って、銀行口座等からチャージが可能です。詳細は、各銀行・信用金庫のサービス内容を確認してください。
スマートフォンでは楽天Edyオンラインを使って銀行口座からチャージができます。

オートチャージ設定でチャージする方法

オートチャージ設定をすると2時間ごとに残高を確認し、楽天Edy残高が設定額以下になったら、自動的にクレジットカードからチャージされる手間が省ける便利な機能です。
オートチャージ設定はスマートフォン限定のサービスです。
楽天会員ID・auかんたん決済・銀行口座からチャージする場合に設定可能です。

 

 

モバイル楽天Edyの使い方(android)

楽天Edyスマートフォンサイトで初期設定するだけで、楽天Edyが使えるようになりますが、
おサイフケータイに対応したスマートフォンでなければ利用できません。
おサイフケータイのイメージ
おサイフケータイの目印はコレ
(携帯電話に左のマークがついていれば利用可能)
楽天Edyアプリの設定方法(初期設定)
1 楽天Edyスマートフォンサイトにアクセスします。
2 [楽天Edyの利用をはじめる(設定)]を選択します。
3 「注意事項」「利用約款」を確認し、[同意して初期設定する]を選択します。
4 完了
スマートフォン用の楽天Edyアプリは、Playストア(Google Play)からダウンロードできます。Android携帯の標準搭載のブラウザでのみご利用いただけます。
※iPhone/iPadでEdyチャージができるリーダーライター
「楽天Edyリーダー(ワイヤレス)パソリRC-S390」も登場しています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク